チャットレディなら化粧品も必要経費に含まれる?知って得する情報!

チャットレディは、会員登録した男性とパソコンを使って楽しくライブチャットするお仕事。

今話題の職業で一般的なお仕事(事務など)よりも高収入が期待出来るんですね^^

そんなチャットレディは個人事業主に分類されるので、お仕事で使う道具は経費として処理出来ます。

 

では、チャットレディのお仕事に必要不可欠な化粧品はどうなんでしょうか・・・?

経費として計上出来るのか・・・気になりますよね。

※計上(けいじょう)とは「経費にする」という意味です。

そこで今回の記事では

  • 化粧品は経費で計上出来る?
  • その他に経費になるもの

について詳しくご説明していきいたいと思います。

チャットレディのお仕事をされる方は是非参考にしてみて下さい^^

 

化粧品はチャットレディの経費?

実は化粧品はチャットレディの経費として計上する事が可能なんですね!

チャットレディのお仕事をする際に画面越しとは言え、男性会員と会ってお話をします。

つまり身だしなみを整える為や、可愛く見せる為にお化粧は絶対に欠かせません。

なので化粧品はチャットレディの経費として計上出来るんですね^^

経費の名目は美容費に含まれ、化粧品だけでなく

  1. エステ
  2. 美容院
  3. サプリメント
  4. コンタクトレンズ
  5. ネイル

といったもの経費として認められます!

化粧品やその他の美容アイテムもチャットレディのお仕事には必要なものばかりですから、ドンドン経費にして節約しましょう^^

 

その他の経費になるもの

チャットレディのお仕事をしていると化粧品は経費として計上出来ます。

では化粧品以外だと、どんなものが経費として落とせるのでしょうか?

色々調べてみたのでご覧下さい^^

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 交通費
  • 消耗品費
  • 雑費

 

家賃

自宅でチャットレディのお仕事をする「在宅チャットレディ」なら家賃も経費として認められます

ただし自宅のスペース全てをチャットレディのお仕事に使っている訳ではないので家賃全額が経費となる訳ではありません^^;

経費になるのは家賃の約30%程度と考えておきましょう。

(※家賃を経費に出来るのは賃貸のみです)

 

水道光熱費

チャットレディのお仕事はパソコンを使うので当然電気代がかかります。

なので電気代も経費として計上出来ますが、家賃と同じく全額とはなりません。

 

通信費

パソコンを使用するために必要な通信費は経費として計上出来ます。

ですがこちらも全額ではありません。

プライベートの使用分を差し引いた金額が経費として認められます。

 

交通費

事務所のチャットルーム(チャットブース)に出勤する通勤チャットレディの場合、仕事場までの交通費は経費となります。

 

消耗品費

1個当たり10万円未満、または使用期間が1年未満の出費は消耗品費として計上出来ます。

例えば

  1. 洋服代
  2. ウイルス対策ソフト代
  3. WEBカメラ代

等ですね。

(※化粧品代もこちらに分類されます)

 

雑費

どの項目にも当たらない細かい出費の事です。

ですが雑費は「使途不明金」として税務署が経費として認めない可能性もあるんですね^^;

なので出来るだけ用途ごとに項目を分け、雑費が少なくなるように心がけましょう!

 

経費に計上するのに必要なモノ

経費に計上するには必要なものがあります。

それは領収書なんですね。

もし買い物をしても領収書が無ければ経費として計上出来ないんですね。

なので出費した際には領収書を必ずもらうようにしましょう^^

 

関連記事

絶対に失敗しないチャットレディ事務所の選び方!危険な事務所の特徴とは